ニキビのできる場所と原因

顔のニキビは、できる場所によって原因が違うといわれています。
そして、年齢によっても違ってくるのだそうです。

思春期のころには、鼻やおでこなどが過剰な皮脂分泌によって毛穴が処理しきれずにニキビができていました。
ところが、大人になってくると皮脂の分泌量が落ち着いてきているのに、比較的に皮脂の少なかった顎や頬などの場所にできやすくなってきます。

この原因は、肌が乾燥することにより、毛穴がつまりやすくなると同時に、皮脂の分泌量まで増加してしまうことだといわれています。

大人になると、仕事のストレスや寝不足などの生活習慣の乱れ、そして女性特有の生理や妊娠といったことでホルモンバランスが乱れることで、肌が乾燥してしまうそうです。

急に皮脂の量が増えたと感じたときには、肌が乾燥してるのかもしれませんね。

いつもより念入りに保湿をして予防しましょうね。

 

 

© 2016 ニキビケア ランキング rss